インド人との悪夢2

昨日は夕方5時から、インド人企画のドイツ風ビアガーデンパーティが開催された。
彼とは先々週にも一緒に飲みに行き、何と明け方4時まで付き合わされるという大変な目にあったのだ。
今日は同じ轍は踏まないと固く心に誓って参加した。

最初は10人弱の同級生が来ていただろうか。ただ、大半の友人たちはビールを1~2杯飲むと帰っていった。まだ試験中の人も居たみたいだ。7時頃にはインド人×2、イギリス人、僕の4人のみの陣容となっていた。
ここでは食事を取らずに、ひたすらビールを飲んでいたので、ディナーを取りに場所を変えようという話になった。ここのビールは一杯500mlの特大サイズ。それを4杯ずつ飲んでいたので、すでに各自2リットルずつのビールを飲んでいたことになる。かなりスゴイ量だ。

2件目はアメリカンBBQ。ポークリブとかバッファローチキンとかのお店。ビールだけでも既に相当なカロリー消費だったと思うが、ここでも思いっきり脂っこい食事を取りつつ、各自ビールを2本ずつ飲む。普通の瓶だったので、2本で750mlくらいか。この店を出た時点で夜8時半。インド人2号が、今日は朝から体調が悪かったと言って帰宅して行った。体調悪いヤツが既に3リットル近い量のビールを飲んでいたのか。

残った企画者のインド人が言う。「Yuzukenzo、今日は前回みたいなこと(朝4時帰り)は止めよう。でも、まだ早いからもう一杯だけ良いだろ?」 前回も同じようなセリフを聞いた記憶があるが、まだ夜8時半。
笑顔でOKと言いつつ、少し警戒し始める。

次は日系居酒屋。僕はピッチを落とし、ウーロン杯に切り替えたところ、インド人の友人も付き合って同じものを頼む。しかし、一口飲むとアルコールが薄いと言って文句を言う。その横でイギリス人は日本酒をガンガン飲む。この人たち、どんだけ酒飲みなんだよ。。。
面白いものが食べたいというので、アン肝を頼んで食わせると大好評であった。大好評すぎて焼酎ロックをガンガン飲み始めるインド人。そして僕のウーロン杯の注文を阻止するという横暴に出てきた。僕も半ば強制的に焼酎ロックを飲まされる。

店を出たのは夜12時。僕が言った。「もう遅いし、そろそろ帰り時だね。」 
インド人が言う。「そうだね、前回の失敗もあるし、今日は帰ろう。あと一杯だけで絶対に帰ろう。」 
えっ?あと一杯??マジですか。。。まだ行くんですか。

次の店に向かう道すがら、インド人の奥さんから彼に電話がかかってきた。どうやら、遅くまで飲み歩いていることを怒られているようだ。ちょっと気になるのは、彼の言い訳の中に僕の名前が連発していることだ。電話を切ってインド人は言う。「Yuzukenzo、お前は我が家でかなり悪名高いぞ、はっはっは。」 奥さんへの言い訳では、僕が無理矢理連れまわしているストーリーになっていたような気がする。

そして、中東っぽい雰囲気のバーに行く。サッと切り上げるつもりだったが、イギリス人の世界カルチャー話が面白く、思わず長居してしまう。このイギリス人は、ビジネススクールに来る前に、香港、ロンドン、ドイツ(都市は忘れた)、メルボルン(オーストラリア)、アテネ、パリ、東京に住んだことがあるのだ。彼が東京をベタ褒めしてきて、思わず嬉しくなる。ちなみに、彼は英語と中国語を話し、彼の奥さんは、ギリシャ語・英語・ドイツ語がネイティブレベル、フランス語とイタリア語が問題なく話せるレベル、そして、スペイン語を勉強中と言っていた。この夫婦が揃えば、日本人を除く、ほぼ世界中の人と話ができるのではないか。

バーを出たのが夜中2時。イギリス人が明日は朝からクレイ・シューティングに行くと言って帰って言った。
結局、インド人と僕の二人が最後に残された。インド人がイタズラっぽく言った。「やっぱりこうなっちゃったな。こうなったら、前回と同じコースだな。」 
あああ、こいつ絶対に確信犯だったんだ。僕は少し粘ってみた。「いやあ、行きたいんだけど、明日は朝8時に起きて娘を学校に連れていく当番なんだ。」 インド人は言う。「お互い大変だなあ。俺も試験が二つ残っているよ。だから、あと一杯だけにしよう。」 そういいながら、ベルギービールのバーへと突入していく。目の前が真っ暗になる。。。

結局、朝4時に帰宅した。合計10時間以上飲んでいたような気がする。新記録更新だ。。。
プエルトリコへの卒業旅行は彼と同部屋。本気で死ぬかもしれない。
[PR]

# by yuzukenzo | 2010-05-01 05:56 | NYライフ  

解約と夢

帰国に向けて、電気・ガス・水道等の公共サービス、携帯電話、新聞の解約手続きに電話をかけまくった。

僕は引越しの際に必要となる、この一連の手続きがものすごく嫌いだ。日本国内でも嫌なのに海外だと尚更だ。英語であることに加え、サービスレップの対応レベルが低いからだ。だから、帰国が決まって、まず最初に思ったことが、“公共サービスの解約が面倒くさいこと”だったのだ。
今は、全部電話をし終わってヤレヤレとホッとしている。後日ちゃんとサービスが止まっているか確認しないといけないけど。

まだ帰国まで3週間以上あるので、手続きするのが少し早いかもしれないが、僕は性格上、やらないといけないことをやらずにギリギリまで放っておくことができないのだ。これは仕事でも宿題でも一緒。さっさと終えて後はノンビリする。勤勉と勘違いされることがあるが、怠けるためにさっさとやるのだ。僕からすれば、デッドラインの寸前までやらず、直前になってタイムプレッシャーを受けつつやる方がスゴイと思うのだ。

さて、話は全く変わるが、昨晩ヘンテコな夢を見た。こんなにはっきりとした夢を見たのは、実に久しぶりだ。試験がすべて終わった開放感と、帰国間近の不安定な気持ちを表しているのかもしれない。だから記録化しておきたい。ちなみに、夢の話って、見た本人が思っているほど、他人が聞いても面白くないのは知っている。
でも、僕のブログなのだから、気にせずに書いちゃうのだ。

夢のあらすじ:
学校のクラス(同級生の国籍は不明)で、団体戦のマラソン風競技に参加するも惨敗。担任の先生が激怒し、クラスルームに集められて説教される。そして、先生が言う、“俺はものすごくガッカリした。だから、バツとして、お前たちは一人ずつ、Yesterday(ビードルズ)をピアノで弾け。それに合わせて俺が歌う。全員やらないとダメだ” 生徒達はあまりの馬鹿げたバツに顔を見合わせるも、しぶしぶと順番にピアノで曲を弾いていくというものだった。そして、今から思い返してみると、夢の中で流れていた曲はYesterdayではなく、同じビートルズのHey Judoであったような気がする。

夢は、大抵、脈略が無いし、筋が通っていないし、意味不明なものだから、ストーリーの不条理さ自体は並レベルかもしれない。しかし、この夢はとにかくはっきりとしていたのだ。起床してから半日が経過した今もまだ明確に覚えている。この夢は僕のどういう心理状態を表しているのか。
[PR]

# by yuzukenzo | 2010-04-30 02:15 | NYライフ  

すべて修了

今日、最後に残っていたEarnings Qualityの試験を終えた。
これで、MBAプログラムは本当にすべて修了だ。これで多分卒業できるはずだ。

受験準備の1年間と留学中の2年間、よく頑張った。僕は基本的に面倒なことがあるとすぐに逃げ出すタイプであるが、MBA留学だけは、本当に人生で始めて自分の意思で最後まで頑張り通した気がする。

誰一人誉めてくれないので、自分で自分を誉めよう。よくやった。一人で寂しく乾杯した。

最近、会社の人と会う機会が多く、否が応にも現実世界への復帰が近づいていることを実感させられるが、思ったほど嫌ではない。むしろ、少し楽しみにしている。そろそろインプット一辺倒の生活と学生の軽ーいノリには飽きてきたのだろう。

留学直前の仕事は、色々な意味で偏った仕事であったので、卒業後はもう少しバランスの取れた仕事をしたいなあと思う今日この頃である。

おや、、、先日朝4時まで飲みに付き合わされたインド人の友人から明日の飲み会開催のお知らせが。。。
ちょっと嫌な予感がするが、試験も終わったことだし、顔を出してみるかな。
[PR]

# by yuzukenzo | 2010-04-29 08:30 | コロンビアビジネススクール  

注文したどー!

いよいよこの日が来た。

Advanced Corporate Financeの期末試験には、何と15時間を要した。トンデモナイ試験だった。
だが、2年間のMBAの締めくくりに相応しい手ごたえであった。

あと一つ小さな試験が残っているけど、ほぼMBAプログラムを修了した。ということで、いよいよ、ご褒美タイムだ。

実は、奥さんが、最後の最後までiPad購入に難色を示していた。しかし、神風が吹いた。何とこの4月から給料が毎月300ドルほどアップしていたことが判明。全く仕事していないのに定期昇給してくれるなんて、年功序列システム最高!自分の派遣元企業のお人よしさを少し心配しつつも、仕事ゼロでの昇給300ドル×2ヶ月で、600ドルを拾ったようなもんだ。

あぶく銭の600ドルを手に入れたことから、もはやiPadはタダで手に入るようなものという主張に奥さん陥落。いそいそとアップルストアに向かう。

まずは、展示してあるiPadで30分ほど遊ぶ。基本的な使い方を確認。一旦、買うという気持ちを固めると、重さは全く気にならない。この程度の重さで文句をいうヤツは一生買う資格なし。僕はたとえ30キロでも買うさ。

自分の中で最高のムードが高まったところで、奥さんに最終確認をする。「Yuzukenzo二等兵、いよいよ突撃したいと思うであります。」 奥さん、「ラジャ!」

側にいた一番フレンドリーそうな店員を颯爽と呼び止めた。「へい、iPadプリーズ!」 すると、店員は顔を横に振りながら、「Sold out」。オーマイゴッド。。。仕方なく、Best Buyに行ってみるも、やはり売り切れ。すごい人気なんだな。

ということで、最終手段、Appleのオンラインストアで、ビシビシっと注文しておいた。
5~7営業日で届くらしい。待ちきれん。楽しみ。
[PR]

# by yuzukenzo | 2010-04-27 06:24 | NYライフ  

過剰サービス

日系美容院に行ったのにもかかわらず、フィリピン人に髪を切られるという体験をしてから早2ヵ月。また髪が少し伸びてきた。

ということで、また同じ日系美容院に行った。たぶんこれがアメリカで髪を切る最後の機会だろうな。今回は電話で予約した際に「日本人ぷりーず」と念を押しておいた。その結果、今日は、無事に日本人の理容師さんが僕の担当となった。日本から来て1年3ヶ月ほどというお姉さん。

「どう致しましょうか」と聞かれた。僕はいつもの通り答えた。「適当に全体をカットして、3ヶ月切らなくてもよいくらいにしてください。」 そして、そのままいつもの通り、瞑想に入ろうとすると、そのお姉さんがちょっと困った様子。僕のオーダーが曖昧過ぎたようだ。物分りの悪い人だな。仕方ないので、もう少し細かく希望を伝えた。「刈り上げにはしないでください。あとは、適当でいいです。」

しかし、お姉さんはさらに困った様子。だが、僕も困った、これ以上細かく伝えようがない。するとお姉さんは何やらナヨナヨした雑誌を持ってきた。「どれのイメージですか?」 雑誌に写っているモデルを指差している。しかし、どれもこれもない。その写真に写っている男達は、ジャニーズ風というか、僕からすると、もはや半分女になりかかっているゲイみたいな感じの20歳前後の子供たちばかりなのだ。顔が違いすぎる。

僕は聞いた。「選ばんといかんですか?」 「はい、お願いします。」 ということで、屈辱的な気持ちにまみれながら、その中から、もっとも髪が短いヤツが写っている写真を指差した。

ようやく散髪が始まった。ありとあらゆる角度から、様々なハサミを駆使して、僕の髪を切るお姉さん。普段の二倍近い時間がかかり、ようやく完成。

そして、出来上がりは、、、、、やっぱり、ほぼいつも通りであった。あえて違いを探すならば、襟足の髪が若干長いことくらいか。。。 日本に帰ったら、「3か月分」が通じるところを探さなくては。
[PR]

# by yuzukenzo | 2010-04-26 05:55 | NYライフ  

Final Final Paper

授業はすべて終了したのだが、Examが二つの残っている。
Examと言っても、Take Homeなので、限りなくレポートに近い。最後のExamの一つは、Advanced Corporate Financeのケース分析。Time Warner - AOLの合併とスピンオフが対象だ。

最後の授業で、教授は「この試験の負荷は大きいと思いますが、コロンビアでの2年間の集大成だと思って、取り組んで欲しい」と言っていた。確かにその言葉に相応しく、大変骨がある試験だ。

この授業で、ファイナンスの分析とは、企業・産業のダイナミクスの分析から始まり、そしてそれを踏まえディールのロジック・エコノミクスの理解し、最後の最後にそれをベースとして、ストラクチャーの構築と数字面の裏づけというプロセスを踏む必要があることを学んだ。すごく当たり前のようだが、実は実践するのは容易ではない。

どうしても実際のファイナンスの現場では、時間の制約と金儲けというBiasが働くため、この本質を学ぶことは難しい。でも、今から振り返ると、これを実践できていた人が、結局は活躍していたように思う。

自分もこの学びを肝に銘じ、さらに、しっかりと身につけるために、最後の確認・習得プロセスとして、この試験にはじっくりと取り組んでいる。単なる試験ではなく、コロンビアの卒業試験、そして、さらには仕事の予行練習だと思って頑張っているのだ。

そして、これをやり終えたら、、、、そのご褒美に、iPadを買っちゃおうかなあと考えているのだ。
[PR]

# by yuzukenzo | 2010-04-25 06:52 | 勉強