<   2009年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

ぷりきゅあ

クリスマスだ。アメリカではクリスチャン以外の人もいるため、メリークリスマスとは言わない。Happy Holidaysと言うのが、Sophisticatedな表現なのだ。

無宗教でも、節操の無い日本人の我が家は、クリスチャンではないのにメリークリスマスだ。普段の行いが良かったせいか、我が家のちびっ子二人にもサンタクロースがやってきた。娘には、女の子に大人気のアニメ・プリキュアの映画のDVDが届いた。僕も詳細は知らないが、プリキュアシリーズは大人気で複数のシリーズがアニメ化されている。各シリーズ毎に5人ずつくらいの主人公がいるため、シリーズ累計では20人くらいの主人公がいる。サンタさんが届けてくれたDVDは、プリキュア全員集合と題し、過去の全主人公が勢ぞろいするスゴイ内容だ。何がスゴイって、全員おんなじ顔をしているのがスゴイ。娘がどうやって見分けているのか、謎だ。未だにアルファベットの見分けはできないのに。

娘はそのDVDを朝から延々と繰り返し見続けているのだが、横で見ていて、このDVDちょっとイマイチだと思うのだ。というのは、闘いの度に主人公が一人ずつ、『ストロベリーファーンタ!』とか『パイナップルオレーンジ』何とか言って、スーパーマンもどきに変身するのだが、なんせ20人いるため、全員が変身するのに20分くらいかかる。映画の中で複数の闘いがあるため、ずーっと変身シーンが続く。とにかく、手抜きの映画だなと。。。

感動と笑いと愛に満ちたドラえもんの映画を見ろよとブツブツ言いつつ、サンタさんがくれたプレゼントだから仕方ないと思うクリスマスなのであった。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-12-26 13:42 | NYライフ  

タフガイ

今学期最後のプロジェクトに取り組み中。クラスはFinancial Statement Analysis and Valuation。授業で習ったバリュエーション手法を用いて、実在の企業・ディールのプライスにchallengeするというのが課題。授業で学んだフレームワークをしっかりと身につける良い機会。

メンバーの一人はイスラエル人、卒業後はUBSのインベストメントバンキング部門に就職する。一般的に、イスラエル人はアメリカ人以上に直接的・攻撃的だと言われているが、彼はその典型。議論が白熱し、喧嘩一歩手前まで行くこともある。でも、ミーティングが終わると、陽気で良いヤツに戻る。どんなに激しく議論しても、あと腐れないのは、彼の良いところ。(そしてあと腐れがあるのが、日本人の悪いところ。)

彼に卒業したら仕事が大変だねと聞くと、大したこと無いという。コロンビアに来る前にイスラエル軍で4年間務めたことがあり、そこでのシフトのクレージーさ・緊張感と比較したら、バンキングなんて子供の遊びだと。こいつはリアルタフガイだ。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-12-18 09:38 | コロンビアビジネススクール  

H1N1

息子が結膜炎になったので病院に連れて行った。すると、H1N1のワクチンがあるということだったので、ついでに接種してきた。これで安心だ。ワクチン、ようやく出回ってきたのかな。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-12-17 08:54 | NYライフ  

飲み会4連投、そして思うところ

飲み会4連投の最後は、最近NYに転勤してきた同期とミッドタウンのイタリアンRalph'sで。ここはリーズナブルなプライスで本格イタリアンが楽しめる。静かで好きなお店。

久しぶりに会った同期から派遣元企業の最近の様子の話を聞いていると、ちょっとソワソワ・ムズムズした気分になる。そろそろ現実世界への復帰に向けて、色々と考えないといけない。自然と身が引き締まる。そうなのだ、僕はサラリーマンなのだ。

さて、明日のDebt Marketsの試験にて今学期は終了。今学期も、同級生の誰にも負けないくらい全力で勉強してきたつもりだ。家族をちょっぴり犠牲にしてしまったが、アメリカのビジネススクールで勉強することは長い間の夢であった。こればっかりは最後まで好きにやらせてくれ。

試験後は一ヶ月の冬休みだ。おそらく、この休みが僕の人生では最後の長期休暇になることだろう。NYでのクリスマス、年末、そして年明けの家族旅行を大事に過ごしたいものだ。来年の今頃は東京でヒーヒー言いながら働き、そして、この学生生活を懐かしく思い出すのだろうな・・・。と早くもセンチメンタルになっている自分がいる。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-12-15 14:52 | NYライフ  

Best wish

日本の年賀状は、こちらのクリスマスカードに相当するだろう。似たような習慣があるのは面白い。

アメリカ人の友人が、中国人の友人からもらったクリスマスカードについて、ブツブツ文句を言っている。どうやら、レターの最後に『Best wish』と書いてあるのが気に食わないらしい。彼曰く、『wish、一個だけかい!!』と。

正しくは、『Best wishes』。wishはたくさん贈らないとね。ふと気になり、つい先ほど友人に送付したメールを見ると、僕もBest wishと書いていた。今後注意しよう。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-12-15 08:03 | 英語  

ずうずうしさ

ずうずうしい人って、結局、得なんだろうか。はっきり言って、僕は遠慮の塊のような人間だ。
仕事のときは、まだ人並みにずうずうしくなれるが、ことプライベートに関しては遠慮しまくりだ。
いつも他人に迷惑かけていないかと、ビクビクしながら生活している、そんな人間だ。


今日、こんなことがあった。

アメリカ人の友人が日本企業の就職面接を受ける。日本語のインタビューらしい。彼は日本語を結構話せるのだが、でも不安だということで、事前に準備を手伝って欲しいと言われていた。

そして、今朝、メールが届いた。『面接時に言いたいことは以下の通りだ。これを日本語に訳すのを手伝って欲しい。お前が会いたければ、今日の午後、会ってもいいよ(←if you want, we can meet this afternoon(原文ママ)。』 

What?? 会いたければ、会ってもいいよだと?手伝っているのはこちらなんですけど。。。ただ、if you wantのくだりは、日本語で言うと、『お前が会いたければ』というよりは、『もし宜しければ』というニュアンスなのかもしれないと、好意的に解釈。僕は、送られてきた質問リストをすべて日本語に倒し、加えて、アドバイスを加えて、もしかしたら午後学校に行くかもしれないので、時間が合えば会おうと付け加えてメールを送信した。

それへの返事が届いた。『Thanks.』  一言ですか。僕かなり時間かけて長文のメールを送ったんですけど。いや、別に感謝してもらおうと思ってやっているわけじゃないので、いいですけどね。。。

午後、図書館に来たが、彼の姿は見当たらん。彼にメールをすると、『I may be at around 4.』と一言だけ。日本語にすると、『4時頃にいくかも』の一言。 繰り返しになるが、アドバイスをしているのは僕。

世の中、何か間違っていると思うのは僕だけか。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-12-15 05:28 | NYライフ  

怒ります?

三日連続、夜中3時過ぎ帰りとなった。きつい。

今日も夜には友人との飲み会があるので、日中は家でのんびりしていようと思ったら、さすがに奥さんがキレた。子供達を連れて公園に出かけるので、ついて来いという。連日家を留守にして負い目のあった僕にはNoという権利は無かった。しかし、マイナス5度の寒風の中、公園に行ってはたして楽しいのだろうか、僕は内心疑問に思っていた。

公園に到着してみると、人っ子一人いない。そりゃそうだ、マイナス5度だ。子供達がガタガタ震えながら遊び始めた。しかし、いつもの勢いが無い。だって、マイナス5度だ。普段は絶対に自分の否を認めない我がボスも、今日は早めの退散にOKしてくれた。助かった。

さて、昨日の飲み会で友人から教えてもらったSouth Parkのエピソード二話。South Parkは日本でも結構有名だと思うが、政治的・社会的にタッチーなネタをガンガン切り込んでいく風刺の効いた大人用アニメ。
その切り込み方が半端じゃない。日本をネタにされることもあり、添付二話は、それぞれ捕鯨とポケモンを扱った回。このハードさ、半端じゃないぜ。

http://www.southparkstudios.com/episodes/251888/

http://www.southparkstudios.com/episodes/103586

皆さんはこれを見て怒ります?僕は笑ってしまった。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-12-13 06:00 | NYライフ  

Folliesそしてアフターパーティ

昨晩はFolliesという、いわば我が校の半年に一回の学芸会があった。歌、ダンス、ショートコント、ショートムービー等、非常に良く出来ている。ただ、コントやムービーは英語が難しくて内容が分からず、周りに合わせて嘘笑いをしている自分が少し悲しくなる。

でも、今日は英語の話ではない。前日に結構ヘビーに飲んだので、昨晩はFolliesのAfter Partyにはいかないつもりだった。そもそも、大音量ガンガンのアメリカンなパーティーは疲れる。1年目に充分付き合ったので、もう行くのは止めようと思っていた。前日一緒にヘビーに飲んだ友達もやや二日酔い気味らしく、今日は大人しく帰ろうなと話していた。ところがFolliesが終わってその友人を見ると、Folliesのダンス・歌でスイッチが入ってしまったらしく、やっぱりAfter Partyに行くという。そうですか、じゃあ僕は帰りますと何度も遠まわしに言ったのだが、いつの間にか、なぜか、一杯だけ飲みにいくということになっていた。やはりここアメリカでは何事もはっきり言わないといけないのだ。

その会場が超遠い。学校からは1時間近くかかるダウンタウンのクラブ。何でこんな遠いところでやるんだよ。帰りはタクシーだなと思っていると、近所に住む友人を発見。一杯だけ飲んだら一緒にタクシーをシェアして帰ろうと提案すると、OKとの返事。よしよし、今日は早々に退散しよう、そう思っていると、そいつはあっという間に一杯目を飲み終え、もう一杯だけ飲もうと。まあ、二杯くらいならと思っていると、そいつは奢りだと言いながらテキーラショットを僕にも注文してくれた。というか、テキーラショットを強制された。明らかに声をかける友人の選択を間違えたようだ。そんなこんなでそいつがようやく重い腰を上げてくれたのは朝3時半。朝4時に帰宅。

そして、今朝は、どうやら僕が娘を保育園に連れていく順番だったらしい。朝8時過ぎには妻・子供の容赦無い攻撃を受けて、何とか起床。ヘロヘロになりながら子供を連れて外に出ると、今日は今年一番の寒さ。マイナス5度。二日酔い+寝不足の身に寒風が突き刺さる。

どうやら天罰はまだ続いているようだ。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-12-12 01:17 | コロンビアビジネススクール  

Hell Week

今学期もあとわずか。
今週は、試験・レポート・最終授業・パーティー等で本当に慌しい。特に昨日はクレイジーだった。

9時~10時半: チームミーティング
10時45分~12時15分: Real Estate Financeの期末試験
12時半~2時: Debt Marketsの最終授業
2時15分~3時45分: Corporate Governanceの期末試験
4時~7時半: チームミーティング
7時半~9時半: KBA(Korean Business Association)のパーティーで焼酎がぶ飲み
9時半~深夜2時: 友人とバーでビールがぶ飲み


今日も明日もあさっても飲み会だ。久しぶりの飲み会続きは体に堪える。。。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-12-11 02:40 | コロンビアビジネススクール  

The biggest loser

The biggest loserというテレビ番組があった。
アメリカはチャンスの国。なので、人生大勝ちしている人もいるが、その分、超大負けしている人も沢山いるだろう。どこまでスゴイ負け犬がいるのかと思いみたところ、、、ダイエット番組だった。。。
Loser、、、そういうことね。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-12-09 11:00 | NYライフ