<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

突然だが。。。

今日はちょっと体調不良でつらかった。先日友人宅で飲みすぎた後、酔っ払って毛布をかけずに寝たので、風邪をひいてしまったみたいだ。もう少ししっかりしないといかんなあ。

体調不良ながら、今日は学校の図書館に行って、同級生と、そのお父さんが検討中の会社買収の価値評価と、その他一般的な準備についてお手伝いをしてきた。対象事業は鉄のスクラップ事業。昨年まで急成長を遂げていたのだが、現在の不況により、今期は業績が急激に悪化している。なんと売り上げが四分の一に。こんな会社のバリュエーションできねえよ・・・、と内心では思いつつ、様々な前提を置いて、DCFと類似上場企業との比較アプローチから何とか数字を弾き出した。しかし、5百万ドル~20百万ドルという強烈に広いレンジ。。。だって、昨年の業績と今年の業績が極端に異なるので、当事者ではない僕としては、これが精一杯。同級生は、ありがとうと言いつつ、顔が引きつっている。いかん、僕への信頼が揺らぐ。ということで、企業価値の後は、今後のプロセスやオファーレターの文言等をアドバイス。留学直前にやっていた仕事と全く一緒なので、これはたやすい。最後は、『ありがとう、すごく助かったよ』との言葉をもらい、何とか面目躍如と言ったところか。

さてさて、突然だが、このブログは今日で一区切りつけようと思う。つまり、一休み。来週から派遣元の会社で仕事が始まり忙しくなるのと、仕事が始まるとただのサラリーマンの生活になるので、ブログにしても面白くないからだ。

ということで、 ビジネススクール二年生が始まる9月まで、しばしのお別れです。こんなヘンテコリンなブログにも関わらず、多くの方にご覧頂き、ありがとうございました。秋にまたお会いしましょう。それでは!
[PR]

by yuzukenzo | 2009-05-13 07:34 | NYライフ  

私のパパが・・・

ちょうど一週間前のOrganizational ChangeのFinal Examの際、クラスメートの女の子二人がバリュエーションがどうのこうのという会話をしていた。僕はすぐそばに座っていたが真面目に聞いていなかった。どうやら一人がもう一人にどこかの会社の価値評価の手伝いをお願いしているようだ。そのもう一人は価値評価には自信が無いと答えた後、『ああそうだ!Yuzukenzo、あなた入学前はM&Aやっていたのよねえ、手伝ってあげなさいよ』と、突然僕にパスを回してきた。僕は深いことを考えずにOKと返事をしたのだが、今日までそのことはすっかり忘れていた。

そして、今日、その子からメールが届いた。『Yuzukenzo、先日の話だけど、私のパパがビジネスを買収しようとしているの。企業価値評価なんて、コーポレートファイナンスの授業でやっただけなので、自信がないので、手伝ってくれない?』と。何と、お父さんが会社を買うのですか。今週は比較的時間に余裕があるのでいいよと返事をすると、ちょっとこの資料を見て、と100ページのメモランダムが送られてきた。(会社を売却する際には、通常売主は投資銀行を雇い、その事業に関する概要・財務データ等を纏めたメモランダムを作り、マーケティングを行う。)げげげ、ちょっと予想していたよりも、厄介だぞ。それにこの会社どう見ても数十億円はするぞ。パパが買うって、、、どれだけ金持ちなんだ。

明日はこの件でミーティング予定。頑張ってアドバイスしないと。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-05-12 09:27 | NYライフ  

友人宅でしゃぶしゃぶ

昨晩は、アメリカ人の友人からディナーに招待してもらった。場所はLong Island。ということで、彼のアパートの屋上からは、対岸にマンハッタンが一望できる。すごい絶景だった。しかし、屋上にカメラを持参しなかったため写真は撮れず。。。無念。

夕方5時前に到着し、夜10時までひっきりなしにビール・シャンパン・紅茶ウォッカ(米国南部のお酒)を飲み続けたため、すっかり酔っ払ってしまい、正直どうやって帰ったか全く覚えていない。。。友人宅で息子と娘が寝てしまうという僥倖に恵まれ、すごくゆっくりと楽しい時間を過ごせたのだ。

食事はしゃぶしゃぶ。(彼の奥さんは日本人。) 彼とは冬の間からしゃぶしゃぶをやろうと約束していたため、ちょっと季節外れであったが、ついにしゃぶしゃぶを実行に移したのだ。彼は昨日初めてしゃぶしゃぶ(鍋)は冬にやるものだと知ったらしく、『何だよ知らなかったよ、それならそうと早く言ってよ』と口をとんがらせていたが、季節外れでもしゃぶしゃぶは美味い!お返しに、夏休みが明けたら今度は我が家にディナーに招待しないと。

楽しい友人と美味しい食事とに触発されて明らかに飲みすぎた僕は、今日は最高の二日酔いをエンジョイしている。。。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-05-12 01:04 | NYライフ  

ロシア人との日本問答

僕はビジネススクールのJapan Business Association(JBA)という組織に所属している。日本のビジネス・カルチャ等々を日本人以外の学生に広めるのが主な目的の団体。昨年度は酒テイスティング、映画上映会、大使館でのネットワークイベント等を主催している。

他には、日本での就職に興味を持つ学生のサポートもその機能の一つ。僕は就職サポートの担当役員に就いているのだが、日本での就職に興味を持つ学生数が少ないため、企業からの就職案内をメンバーに流す程度の活動状況に留まっているのが現状。しかし、ごくまれにポツポツと日本人以外の学生から日本での就職についての相談が来ることがある(と言っても一ヶ月に一回くらいだけど)。今日は、ロシア人の二年生で、シティバンクへの就職が決まっている学生から相談が来た。

彼は、シティバンクのインターナショナルステューデント向けプログラム(インターナショナルとは非アメリカ人の意味)で採用されたのだが、このプログラムは、最初の一年間を母国以外・アメリカ以外のトレイニーとして過ごし、国際的な感覚を磨いた上で、母国のシティバンクに赴任するというものらしい。面白いプログラムだ。
彼は、そのトレイニーとして日本のシティ配属を希望しており、来週早々にシティの東京オフィスと電話インタビューを行うため、日本の労働慣行・経済・銀行業界について質問したいとのことであった。

30分との約束であったが、彼は30以上もの質問リストを準備してきており、結局2時間に。
『アメリカ人と日本人のカルチャーの違いは?』
『日本のインタビューではまず何をする?どうやったら良い印象を与える事ができる?』
『日本人はロシア人が嫌いか、アメリカ人は嫌いか?』
『日本の銀行業界の特徴を三つあげるとすれば?』
『日本では、unsolicited email(見知らぬ人に突然メールを送ること)は大丈夫か?』
『日本人が最も誇りに思っていることは何か?』
『サンキューレターの文面は?』等々。

ちょっと返答に困る質問もあったが、できる限り彼のサポートになるよう真摯な対応に心がけた。
僕はてっきり彼はJBAのメンバーかと思っていたのだが、最後の最後に彼がJBAの存在自体を知らないことが発覚。。。おいおい、日本で働きたいならJBAに入っておけよ。。。まあ、これはいい。どうせ、僕はヒマなんだし、JBAメンバーであろうとなかろうと、日本について知りたい人を助けるのは望むところ。

だが、、、もっと驚くべき事が、最後に待っていた。僕が、『インタビュワーは何の部署の人なの?MBAホルダーなの?』と聞くと、『うーん分からない。日本人じゃないのは間違いないんだけどね。アメリカ人じゃないかな』と。えっ?インタビュワーは日本人じゃない? じゃあ、ナゼ、あれほど根掘り葉掘り日本人とのインタビューの秘訣・注意点を聞いてきたのか・・・。彼曰く、『いやあ、アメリカ人だって、日本で働いていたら、日本人に感化されて日本人ぽくなっているかもしれないでしょ』と。多分、いや、絶対にそんなことないよ。。。アメリカ人とのインタビューなのであれば、今日ディスカスしたことはすべて忘れてくれと伝え、僕は寂しくキャンパスを後にした。

午後は娘の幼稚園のお友達の誕生パーティに。アメリカの誕生パーティに行くのは初めてであったが、これが、ものすごく豪華なのだ。今日は裏のドデカイ教会の地階にある体育館みたいなパーティ会場を貸切。クラスメート全員を招待するのがシキタリ。食事等の準備はもちろんのこと、体操のお兄さんみたいのを雇い、子供たちを楽しませる。奥さんによれば、マジシャンを雇うこともあるらしい。誕生日をむかえる子供からすれば本当に夢のような日であろう。そういえば、今年の一月、娘の誕生日を家族でだけで祝ったら、娘が、『はっ?これだけ?』と言っていたのを思い出した。たしかにこれを比べたら寂しかったね。。。しかし、このレベルのパーティを主催するのは、ものすごいコストと手間がかかるだろう。アメリカでお父さん・お母さんをやるのも、すごく大変だなあ。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-05-10 06:37 | コロンビアビジネススクール  

コリアンディナーウィズインディアン

今日はインターンシップ。日本市場でのヘルスケアニュースコンテンツの配信ビジネスの統括マネージャーの雇用プロジェクト。今日は過去2年の決算書をもらい、それをベースに事業計画を作り、その計画下で、様々な給与ストラクチャーを立案しシミュレーションを行った。エクセルベースの作業なので、比較的得意な分野の一つ。社長にも満足してもらった。今日は実際に日本の求人サイトに求人広告も出した。次回までに応募があると良いのだが。。。

夜はインド人同級生にディナーに招待してもらった。インド人の奥さんは韓国人。このご夫妻は先日の我が家のパーティにも来てもらったので、そのお返しという感じか。

この同級生は底抜けに明るく、しかも頭も良い。インド工科大学(入学倍率60倍!!)卒⇒アメリカでケミカルエンジニアリングのマスター取得⇒ルーセントテクノロジー⇒ボストンでコンサルティング⇒コロンビアMBAという経歴。今年の夏はNYのゴールドマンサックスのIBでインターン予定という超ツワモノ。しかも、スーパーナイスガイ。インド人おそるべし。韓国人の奥様は芸術家。アメリカのカレッジもマスターも芸術専攻で卒業している。アパートの部屋には、常人には理解しがたい芸術作品がたくさん飾ってあった。例えば、真っ黒な紙から、銀色の針金がぴょーんと飛び出ている絵とか。芸術家おそるべし。

そしてディナーは典型的な韓国の家庭料理を頂戴したのだが、これが、何とも言えず美味しいのだ。特に自家製キムチは人生で食べたキムチの中でNO1であった。インド人同級生は、結婚時の写真と比較すると、明らかに20キロ程度増量しているのだが、この奥さんの手料理であれば、それも納得という感じ。

いやあ、今日も良い一日だったなあ。

c0172947_11335588.jpg
c0172947_11341978.jpg

[PR]

by yuzukenzo | 2009-05-09 11:34 | NYライフ  

パーティ

昨晩はついにパーティ。急用で2名が来れなかったが、8名のゲストをお招きする事ができた。インド人、韓国人、タイ人、アメリカ人、日本人とバラエティ豊かな仲間たち。僕が大興奮してお酒を飲みすぎたことを除けば、非常に盛況で楽しいパーティになったと思う。

食事も奥さんと朝から一日かけて準備しただけあって好評でよかった。奥さんありがとう。
ただ、いろいろ準備した前菜のうち、モッツァラレチーズとハムのおつまみはゼイバースで買ってきて切っただけの手抜き料理だったが、複数の参加者が、『前菜おいしいよ、特にこのチーズとハムのが一番美味しい』と語っていたのが、、、、まあ、努力と成果は必ずしも比例しないということですな。

僕の渾身の一品、ローストビーフも好評。我ながら美味しく出来た。ふっふっふ。

終盤は飲みすぎの影響でよく覚えていないのだが、何とか最後まで倒れることなく、皆さんをお見送りしたような気がする。そして、今日は強烈な二日酔い。。。受験生の方がキャンパスビジットに来ていたのだが、ヨレヨレの状態で対応してしもうた。ごめんなさい。

c0172947_6382922.jpg

[PR]

by yuzukenzo | 2009-05-08 06:50 | NYライフ  

真のプロを発見

明日は10人ものお客さんを招いてのパーティ。ということで、今日は奥さんと一緒に買出しでスーパーを5件ハシゴした。超大量の食料・飲み物等を購入し、家の冷蔵庫はパンパン。

さて、今日ひさしぶりに奥さんとみっちり買い物に行って、ちょっとびっくりした。奥さんの買い物時の全力投球ぶりに。

例えば僕の場合、野菜や果物を買うとき、棚の山から一番手前にあるものを手に取り、そのままカゴに放り込む。完全に買い物の素人であろう。しかし、素人の僕でも、プロの凄さは分かる。今日、僕の奥さんがオレンジの山にして、獲物を狙う鷹のような鋭い視線を向けているのを見たとき、これは只者ではないと直感した。

蛇を前にして動けなくなったカエルのような僕。そんな僕には一瞥もくれず、奥さんはオレンジを一つ一つ手に取り、あらゆる角度から検査している。その時の奥さんの目は、完全に職人のそれだ。そう、オレンジ検査職人。しかも物凄いプロ根性である。山のオレンジをほぼすべてチェックして、ようやく数個に絞り込んだ後、それぞれを繰り返し比較検討する。僕は、勇気を出して、『何を見ているの?』と聞いたが、鋭い目でにらみ返してきた。そうか、プロのジャマをしてはいけない。僕が息を呑んで見守っていると、ようやく最後の最後に一つのオレンジを厳かに選抜した。このオレンジは歴戦を勝ち抜いた相当なエリートだ。何だか輝いて見えるぞ。奥さんは、全く同じプロセスをイチゴ、にんじん、セロリ等々で繰り返している。

買い物から帰宅すると、奥さんは『ああ、何だか凄く疲れたー』といって、倒れこんだ。そりゃそうだろう、あのような真剣勝負を続ければ。疲れて倒れている奥さんの姿が、WBCの後に胃潰瘍になり試合を休んだイチローの姿とダブって見えた。大丈夫だ、明日のパーティは成功するよ。だって、我がチームにはイチローがいる。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-05-06 10:50 | NYライフ  

1年目終了/中間レビュー

今日は今学期、いや一年生として受ける最後のテストがあった。科目はOrganizational Change。
10ページほどの短めのケースを読んでの作文。4時間の激タフな試験。ヘロヘロになった。
テーマが極めて抽象的なので、やはり英語力は大きなハンデになる。書きあがった自分の回答を読み返すも、あまりに寂しい出来栄えで修正する気も失せてさっさと提出してしまった。

テストを終えて外に出てみると雨がシトシトしているが、1年生のカリキュラムをやり終えたことで何とも言えない達成感がある。おお、奥さんから電話が!僕の試験終了を察知してねぎらいの言葉でもかけてくれるのだろう。電話に出ると、『肉じゃが作るから、ジャガイモ買ってきて』。。。はい、分かりました。

事実上今日で1年生が終わったということで、ビジネススクールの生活に関する中間レビューをしてみよう。


アカデミック:
コロンビアの1年生のカリキュラムはコア科目中心。ファイナンス、アカウンティング、エコノミクス、マーケティング、ストラテジー、デシジョンモデル等々を浅くも幅広く学ぶ事ができた。自分の知識・スキルの拡充が出来たことは非常に喜ばしい。また、大学の授業とは異なり、ビジネススクールとは、『お金を稼ぐ方法』を学ぶ場所であることを改めて確認。金稼ぎを学問として体系的に教えるなんてスゴイなあ。どの科目もテクニックについては本でも学ぶ事は可能であるが、金稼ぎという横軸を通して学ぶことは難しいように思う。その意味でもビジネススクールでPracticalな観点から学ぶことに意義はあると思うのだ。

そうそう、ちょっと話がそれるが、先日『クイズショウ』という日本の番組を見ていたら、金稼ぎ=悪、という前提でストーリーが作られていて、ビジネススクールかぶれの身としては違和感があった。アメリカでは、いえ、ビジネススクールでは金稼ぎ=美徳です。

満足度85点


英語:
何度もブログに書いているのでこれ以上繰り返さなくても良いだろう。
リーディング:上達度25%
ライティング:上達度15%
スピーキング:上達度20%
リスニング:上達度10%

満足度55点 
さらに頑張らねば。とくにリスニング。


課外活動・プライベート:
世界各国の友人ができた事は誠に喜ばしい。30過ぎのオッサンにして再びキャンパスライフをおくることができるなんて、、、最高に贅沢だ。入社して以来、会社の人とばかり付き合ってきたが、幅広い交流をもてた事は本当に良かった。
イタリー旅行とジャパン旅行は最高の思い出となった。

満足度100点


家族:
仕事をしていたときと比較すれば遥かに多くの時間を割いている。しかし、家族の期待水準には達せず。。。

満足度90点(僕の個人的満足度)


人生見つめ直し:
留学前、『ビジネススクールに行くと考え方変わるよー』と言われていたが、今のところ、自分の価値観に大きな変化は生じず。まあ、これは人それぞれなんでしょ。


総合点:

満足度95点(マイナス5点は英語。。。)
[PR]

by yuzukenzo | 2009-05-05 07:48 | コロンビアビジネススクール  

サクラ祭り、ブルックリンブリッジそしてブラジリアンディナー

今日はブルックリンにある植物公園でサクラ祭りというイベントがあり、ビジネススクールの友人夫妻二組と一緒に見物に行って来た。天気予報は雨であったが、現地に着いてみると太陽が出ていて、でも暑すぎずに最高に気持ちよい。サッポロビールが美味い。イベント自体ははっきり言って大したことがなかったが、久しぶりに沢山の植物に囲まれて心身ともに健康になった気がした。気になったのは、妙なコスプレの外人が異様に多かったこと。きっと、アニメとは関係なくても、日本関連のイベントであれば出没するのだろう。アメリカには秋葉原は無いし、こういう機会が唯一の見せ場なのだろう。

<日本人彼女募集中>
c0172947_11145769.jpg


広い公園内をぐるりと散歩した後は、マンハッタンとブルックリンの間(イーストリバー)に架かるブルックリンブリッジを歩いて横断。最寄駅から橋の入り口に行くまでに迷子になってしまい、大回りをするはめになったが、気候が良いのでそれも気持ちよい。橋の上も大混雑であったが、景色が最高によくて、一度は歩いてわたる価値があるなと実感。ただ、他の人が気持ち良さそうに橋を歩いている中、僕の娘(巨大:20数キロ)が疲れたと言って暴れ出し、その娘を抱えながら歩いたため、かなりキツイ散歩となった。おかげで普段運動不足の身としては良い運動になったけど。。。

<グダグダの姉を率いて橋を行進する息子>
c0172947_11164882.jpg


夜は友人夫婦と一緒にミッドタウンのブラジリアンレストランでディナー。子供が相変わらず大暴れで大変だったが、食事は美味しかったし、話も弾んですごく楽しかった。

ということで、今日も二重丸。

はっ、二重丸で思い出したが、アメリカ人に二重丸、というか〇=良い事、×=悪い事という概念がない。つい先日のグループワークで、いつものクセで複数の事業戦略の選択肢それぞれに〇、×、△で評価をつけたら、ナンだそりゃ?とポカーンとした顔で見られた。日本人の身としては、〇×があまりに浸透しているので、世界共通かと思っていたけどそうじゃないんですなあ。例えば、テストの回答でも、正解しても〇はもらえない。
ものすごーくそっけなく、√がつけられるだけ。√は、日本人の感覚からすると不正解だから最初はびっくりした。相変わらず話題がそれました。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-05-03 11:30 | NYライフ  

クラスターパーティ

ということで、クラスターパーティに行ってきた。場所は、ダウンタウンのいけてるバー。

殆どのクラスターメートは、試験をすべて終えてすっきりとした表情。(僕は来週月曜日にもう一つある。。。)
食事も出るということで、昼ごはんも抜いて、腹ペコペコで向かった。食事は、チーズマカロニ、タコス、ハンバーガーと超高カロリーのメニュー満載。うーん、アメリカーン。(一部メキシカーン。) なお、アメリカに来てから、僕の体重は激しい増減を繰り返している。一ヶ月前は、勉強がちょっときつくて、渡米後最低体重になった。具体的には渡米時と比較して5キロ痩せていた。しかし、その後、多くのアメリカンパーティをこなしているうちに、渡米時の体重に戻った。つまり、一ヶ月で5キロ増えた。ということで、なかなか洋服を買うことができない。。。

さて、みんな夏の旅行やインターンに向けて、希望でキラキラした目をしておる。このメンバーと会ってから9ヶ月、あっという間だったなあ。MBAに来たら英語がベラベラになると思っていたけど、幻想だったなあ。本当に幻想だったなあ。なお、アメリカの飲み会は、ガンガンにミュージックが流れている。ただでさえ英語が分からんのに、音楽がうるさすぎる。この9ヶ月、飲み会では何も分からんのに分かっているフリしてニヤニヤしっぱなしだったなあ。

クラスターの皆としばしのお別れの挨拶をして、インド人のデビアと一緒に帰宅。彼の奥さんは韓国人。韓国ということは、、、スンドフ???聞くと、奥さんの得意料理の一つがスンドフとのこと!!!来週金曜日に彼の家でディナーをご馳走になることに。そして、スンドフの料理の仕方を習うことになった。ワンダフル!!!
[PR]

by yuzukenzo | 2009-05-02 13:36 | NYライフ