<   2009年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

 

誤字脱字

僕はビジネススクールに来る前は、お客さん向けのプレゼン資料を山ほど作る仕事をしていた。
プレゼン前日には資料のチェックを朝方までよくやっていた。上司からは、真顔で『資料の数字が間違っていたら殺すよ』と言われていた。ということで資料チェックには自信をもっていた。

さて、昨日ジャパントリップ参加者の皆に配った旅のしおり。資料作成には余り貢献できなかったけど、最後のミスチェックは念入りにやったつもりだった。旅行準備のプロジェクトが始まって4ヶ月以上。長い旅だった。その集大成の一つなのだ。くだらんミスはできない。

オーガナイザーメンバーの血と涙の結晶とも言える旅のしおりを奥さんに見せた。15分ほどして奥さんが返してきた。全部英語なのにもう読んだのか?意外にやるじゃないかと思い、どうだった?と聞くと、『誤字脱字だらけだった』と言う。何を!!!そもそも、あんた英語読めないじゃないか。

どこだ!と鼻息荒く確認すると、ここだよと指差す。見ると、日本語のフレーズコーナー。ここは去年の資料の使いまわしなので全くチェックしていない。。。

恐る恐る確認してみると、、、
- Ilura desu ka?          いるらですか??
- Motto Okiino armasuka? もっと大きいのあるますか?(るは巻き舌で)
- Toire was doko desu ka?  トイレwasどこですか? 

最後のやつなんて、ちょっと英語混じっている。しかも文法的にちょっと正しく見える。。。
来週、日本のどこかで、上に書いたような日本語を話す外人さんの集団に遭遇したら、多分我々です。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-02-28 13:28 | 旅行  

散髪

息子は誕生11ヶ月にして、ついに人生初の散髪をした。少しすっきりして精悍になった。
こいつには、これからも、まだまだ沢山の人生初があるな!

c0172947_1132672.jpg

[PR]

by yuzukenzo | 2009-02-28 11:14 | 家族  

ジャパントリップ:Pre-departure Meeting

いよいよジャパンとリップを来週末に控え、本日はPre-departure Meetingと称して、参加者全員を集めた説明会を開催。スケジュール、留意事項を説明するとともに旅のしおりを配布した。僕は旅のしおり作成に殆ど関与しなかったので余り偉そうなことは言えないが、その出来栄えたるや見事なものであり、ジャパニーズクオリティの凄さを見せることに成功したのではないかと思う。

また、遊びで参加者全員に日本人名(漢字)を付けてあげた。例えば僕のラーニングチームメンバーでもあるPhineasは船康。自分で彼に名づけてからというもの、顔を見るたびに心の中で船康君と呼んでしまう。参加者の一人、小須賀君(日本人名)からも名前の由来を聞かれ、『お前の名前は一二を争う普通の名前だ』と説明しておいた。

今日のミーティングをもって、事前準備はほぼ完了。後は来週の中間試験を乗り越えて、出発するだけだ!


さて、話題は変わるが、夜は英語特訓コースに出席。
よくよく考えてみると、MBAに来ているのに英語特訓コースに行っていることなんて、ちょっと恥ずかしいことなんではないか、少なくともブログに書いて、おおっぴらに公開することではないのではないか、なーんて考えながら、教室に向かった。でも仕方ない。できないんだから。

すると、新入りが登場。中国人の女の子。これまでの授業は何らかの事情で参加できなかったらしい。今まで三人しか参加者がいなかったから、たくさん発言する機会があったのに、一人増えるだけで大きくバランスが崩れる。まあ、彼女もお金を払っているんだ、文句は言うまいと思っていたが、どうもこいつが気に食わない。何が気に食わなかったかというと、長々と何故中国人は英語を上手になれないのかという説明をし始めたからだ。

ちなみに、僕は英語はしゃべれないが、なぜ日本人が、いや僕自身が英語を上手になれないのかという事に関しては、100ページ以上の論文が書けるほど研究し尽くしている。段位で言えば、間違いなく10段だろう。よりによって、その僕の前で浅い議論を展開するとは。恐れを知らない奴だな。この先のクラスで、いつかとっちめてやる、そう思ったのであった。その後、ハッピーアワーで同じく英語コース参加者のカメルーン人服部君、いやパトリックと英語道について議論をした。彼の研究はなかなか深い。段位3段を認定した。


では、またまた話が変わって、親バカ小話。学校から帰り、お風呂に入ってみると、コップに石鹸の泡がためてある。はて、何かな?と思うと、どうやら娘が体を洗うタオルを絞って、大事に貯めてあるらしい。うーん、明日になったら、無くなっちゃうと思うよ。でも、子供らしくていいよ!!

写真:趣味のクライミングに興じる息子
c0172947_1374927.jpg

[PR]

by yuzukenzo | 2009-02-27 12:18 | 旅行  

ロブ

昨日は深夜までカラオケだったので、今朝は二日酔いと睡眠不足でフラフラの状態であったが、授業が9時からなので、歯を食いしばって起きた。そして、メールをチェックすると、今日期限のマクロ経済の宿題担当のメンバーからメールがあり、「風邪をひいたので、レポートをプリントして提出しておいて。」とある。彼女はカラオケで狂ったように歌い、踊っていたので、風邪というよりも、遊び過ぎと言った方が正確なような気がする。

そして、当然のように、他のメンバーからの反応は無い。たぶん、こういうことは生真面目日本人の僕が拾ってくれるだろうと、たかをくくっているに違いない。と思うと、若干腹が立って、よっぽど無視してやろうかと思ったが、「分かったよ、提出しておきます。お大事に」とメールの返信を書いている自分が若干情けなかった。

そして、学校に行くと、チームメンバーの一人で、昨日のカラオケでも大騒ぎをしていたロブに遭遇。
ロブ:「おお、昨日のYuzukenzoのパフォーマンスは最高だったよ。ところで、例の宿題の件はプリントして提出しておいたからね!本当によいレポートが出来たな!」

内心とは言え、勝手に腹を立てたりして、ごめんよ。もうちょっとメンバーを信頼しないとダメだったね。
とにかく、ロブありがとう。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-02-27 05:00 | 勉強  

居酒屋ナイト

今日はクラスターのイベントで、マンハッタンの居酒屋リキへと出陣。我がクラスターではインターナショナルディナーと題して、各国の食事を食べに出かけているのだ。今日は、クラスターのメンバー15人+教授一名が参加。只今、若干酔いがまわっているので、あまり詳細には書けないが、僕の隣に教授が座るという不幸、いや、幸運に恵まれ、2時間半の時間はマーケティングの有難い講義を聞く時間となった。。。

日本では、ものすごく当たり前の居酒屋であるが、アメリカ人や他のインターナショナルステューデントはみんな興味深々。和食というと、みんな寿司か焼き鳥しか知らないので、違う側面を見せる事ができたのは良かった。

今日は朝から夕刻までぶっ続けの授業+チームミーティングがあったので疲労困憊であり、さらに今週は睡眠4時間程度の日々が続いていたことから、ビールと日本酒で一気に酔いがまわってしまった。

居酒屋ナイトの後は、カラオケナイトへ。渡米後、初のカラオケ。そもそも僕はカラオケがいまいち好きじゃないのだが(僕は暑苦しく語り合う方が好きなタイプなので。。。)、居酒屋での日本酒パワーも手伝い、勢いに乗って参加してしまったのだ。クラスターのメンバーが、(当たり前だが)英語ソングしか歌わないところに、思いっきり日本語ソングを投入し、日本人魂を力いっぱい見せ付けてきた。普段、授業では貝のように押し黙っている僕の勇姿にクラスターメイトは大喜びし、確実に今日のシンガーの中で一番の声援を浴びる事に成功したと思う。

再来週のジャパントリップに向けた良い予行練習となった。ような気がする。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-02-26 15:42 | NYライフ  

プレゼン

MBAというと、みんなの前でバーンと英語でプレゼンというイメージを持っている人が多いかもしれないが、実はそんなに頻繁にプレゼンの機会がある訳ではない。それにチーム単位での取り組みなので、他のメンバーに任せることも可能。強制されることもない。

僕は、日本で仕事をしているときはプレゼンはキライではなかったが、やはり英語だと準備が大変だし、ちょっと億劫で常に逃げてきた。いやちょっとではない、物凄く嫌で近寄らないように入念に注意してきた。

いきなり、話題が変わるが、Decision Modelのファイナルプロジェクトは、授業で学んだPremium Solverというソフトを用いて、現実の世界にある事象を対象にして、最適化モデルを構築し、それをクラスで発表するという課題だ。

モデル構築は僕が中心となって作業をしたので、最後のプレゼンは、いつも通り他のメンバーの皆さん頼みますよと、思っていたら、、、問題が生じた。今日、モデルの概要をメンバーに説明したのだが、メンバーがモデルの枠組みを理解できない。理解できない原因は、そもそも、モデル以前に、統計やキャッシュフローといったベーシックな知識の理解不足が原因であり、来週月曜日までに理解させるのは不可能と思われた。

ちなみに僕のチームメンバーは、以前も何度も書いたとおり、ジャーナリストと軍人とバンカーと不動産男。ジャーナリストは、数字はきらいだ、とはっきり明言し、統計のテストでは男らしくゼロ点を取っていたし、地頭が良い軍人も、ポカーンとしていた。バンカーは、就職活動が多忙で、プロジェクトへの興味が極めて薄い。不動産男は、パブリックスピーキングをやらないのが信条だ。

ということで、さすがの僕も逃げ切れない状況になった。プレゼンは、来週月曜日。
僕が苦渋の表情をしていると、普段、他の科目で宿題を手伝っているクラスメート複数人が、事前練習を手伝ってあげるよとオファーしてくれた。。。いらん。そもそも事前練習のプレゼンだけで疲れてしまいそうだ。
座して死を待つべし。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-02-25 15:09 | 勉強  

過密スケジュール

ぐわあああ、いよいよ生活スタイルがMBAっぽくなってきた。

ジャパントリップの準備と、チームプロジェクトと、クラスターイベントと、子育てへの意欲的な参加と(これはちょっぴりか?)、試験勉強と、日課のWSJ熟読と、ブログの継続と、、、、

これで就職活動があったら、死んでるな。。。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-02-25 05:33 | コロンビアビジネススクール  

GM

いよいよGMが破産法申請の可能性を本格的に視野に入れ始めたようだ。個人的には、もう破産法申請は避けられない状況であろうと推測している。

破産法申請と言っても、もちろん即座に倒産するわけではなく、再建を前提としたRecapの法的枠組みであるし、また、マーケットもその可能性を既に一定程度織り込んでいるとは思う。しかし、それでも実際に破産法申請となれば、景気全体へのインパクトは計り知れないほど大きなものになるのではないか。

すごーく当たり前のことを、すごーく素人の感覚で書いているが、それでも、ものすごく大変なことになるのではないかという不安を書かずにはいられない。。。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-02-24 12:07 | 金融・経済・政治・社会  

いつもの週末

今週末は相変わらずの宿題の山、かなり苦しい。

しかし、今週は娘の学校がお休みだったため、一週間みっちり娘と付き合った奥さんがやや息詰まり状態。
ということで、昨日は、宿題の山が気になりつつ、歯を食いしばって、Shake Shack(大人気のハンバーガー屋) ⇒ American Museum of Natural Historyへとお出かけ。このMuseumには、8月に一度訪れて以来であるが、迫力のある展示物だらけで飽きない。類人猿コーナーで発見した展示物(写真)を見て、娘が、『あー、パパと私!』と大喜びであったのにはやや複雑な気持ちに。
夕方、帰宅後に勉強を開始するまえに軽く一休みと思って、横になると、、、3時間が経過していた。やばい。。。

c0172947_11155744.jpg


そして、今日は朝から奥さんと娘が友達のお誕生日会にお出かけ。
息子と二人でお留守番しつつ、今日こそ勉強を頑張ろうと思っていたが、、、息子と遊んでいるうちにお昼になり、奥さんと娘が帰宅。さらに、晩御飯の買出しに行ったり、久しぶりに準備を手伝ったりしていると、殆ど勉強しないうちに気がつくともう夜9時半。さて、、、さすがにそろそろ勉強するか。
[PR]

by yuzukenzo | 2009-02-23 11:29 | NYライフ  

Son

11ヶ月の息子であるが、ここ数週間で随分と立ち上がるのと歩くのが上手くなってきた。(といっても1・2歩程度、歩くだけだけど。) そして、『うあー、うあー』という意味不明の唸り声の中に、何となく、ままーままーという言葉が聞こえるような気がすることがある。ゆっくりと少しずつ成長をしているようだ。

息子は1年前には、まだ生まれてすらいなかったのに本当にすごいことだ。1年前を思い返してみると仕事が大変忙しく、頭の中の95%は仕事のことが占めていた。平日はほぼ毎日タクシー帰りであり、週末も会社から貸与されたノートPCとブラックベリー相手に朝から晩まで仕事ばっかり。息子の名前をマジメに考え始めたのも、誕生の2週間前だった。息子が生まれたときには、丁度仕事で大きなトラブルが発生し、分娩室でも奥さんにバレないように、こっそりとブラックベリーをチェックばかりしていた。そして、息子が生まれた3時間後にはオフィスに戻っていた。。。

留学が終わったら、また似たような毎日が待っているのだろう。このまま不況が加速していくと、楽しい仕事ばかりではないかもしれない。会社から多額の投資をしてもらった身分なので、その分を仕事で返す必要がある。でもそういう日に戻ると分かっているからこそ、今は子供の成長をじっくりと実感できることに感謝し、貴重な毎日を大事に過ごしたと思う、そんな今日この頃である。

c0172947_10473937.jpg

[PR]

by yuzukenzo | 2009-02-21 11:32 | 家族