スーパー銭湯

今日はインド人二人とサウナへ行った。もはや僕のブログはインド人観察日記といった感じになりつつあるな。。。

場所はクイーンズの東端にあるFlushingからさらにバスで30分ほど行った奥地。マンハッタンからは2時間近くもかかった。しかし、わざわざ遠出をした甲斐があった。そこは、言わばスーパー銭湯。数種類のお風呂と数十種類のサウナがあって丸一日楽しめるのだ。今日行った場所は韓国系経営。NYには巨大な韓国コミュニティが存在するのだ。日本コミュニティもこれくらい大きければ、NY生活はさらにたのしいだろうなと羨ましく思う。

さて、今日言った場所の施設自体は日本のスーパー銭湯と本当に瓜二つなので特筆すべきことはないが、インド人と行ったのは新鮮で面白かった。彼らは水風呂も大好きであり、水の滝に一心不乱に打たれていたが、その姿は悟りを開こうとする修行僧のようであった。また、彼らはドバイとデリー出身。彼らの故郷では真夏には摂氏50度前後に上るという。そのせいか、サウナでの耐久力が半端じゃなかった。

ジャパントリップで同級生たちを日本の温泉に連れて行って驚かせたつもりだったが、まさかこんな近くにスーパー銭湯があるとは。しかも外人さんもスッポンポンになるの全然抵抗なさそうだったのも驚いた。

サウナと銭湯で良い汗をかいたあとは、インド人コンビがNYでNo1と断言するインドレストランで超本格インド料理を楽しんだ。インドで食べるインド料理より美味しいと言っていたので多分世界一美味しいのだろう。カレーはもちろんのこと、カバブ、特にタンドリーチキンが信じられないレベルの一品。真面目にピータールーガーのステーキよりも美味い。

ということで、贅沢な一日であった。
インド人のうち一人とはこれでお別れ。Stay in touchと言って力強く握手をして別れた。いつか東京に遊びにきてくれるといいなあ。
[PR]

by yuzukenzo | 2010-05-13 14:19 | NYライフ  

<< 送別会 iPadって必要なの? >>