iPadって必要なの?

最近すっかりインド人ネットワークに取り込まれてしまった。
昨日はインド人6 人と一緒にカレーランチ。なぜかインド人とは波長が合うような気がする。しばらく考えて見たが、やはり結論としては外観が似ているからだろうという結論に至った。僕は眉毛が太い。そして元々色黒であるが、プエルトリコで激しく日焼けし、丁度インド人か東南アジア人くらいの黒さになっているのだ。インド人との交流を深めるに連れ、やはり見かけはコミュニティ形成において重要なファクターであることを再認識する。
今日は奥さんと一緒にインド人街に行き、本格インドスパイスを格安で購入し、明日はインド人集団と一緒にサウナに行ってくる。このままのペースでいくと3年後くらいには僕はインド人になっていることだろう。

さて、そんなインド人たちにも、iPadのことは散々自慢したわけだが、みんな興味は示すものの、一番多い反応としては、「それで結局何か新しいことできるの?」とか「そもそも必要なの?」というやや批判的な質問だ。日本人も大体そういう反応をする。そして、そういう質問をするヤツは100%の確率でiPhoneの未所有者たちである。
なぜなら、一度でもiPhoneを所有すれば、誰でもその便利さに気がつき、そしてiPadの可能性を容易に想像できるため、上記のような愚問をすることはありえないからだ。逆にその凄さや便利さを説明するのは難しい。だからiPadに関して批判的な質問をする人に対しては、僕は一生懸命iPadの素晴らしさを訴えたりはしない。ただ「この人、損しているなあ」と思うだけである。
もう一つ頻繁に聞く意見としては、可能性は理解するものの、しばらく様子をみるというものである。理由としては「本当に普及するかどうか、まだ確信出来ない」「すぐにバージョンアップし、改良版が発売されるに違いない」云々。僕は声を大にして言いたい。「仮に普及しなくても、問題はiPad専用のアプリが少ないであろうこと以外に何も無い」「改良版がでたら、ケチケチしないでもう一台買え」と。

ということで興味ある人はサッサと買った方が良いですよ。
[PR]

by yuzukenzo | 2010-05-12 06:58 | NYライフ  

<< スーパー銭湯 きたどー >>