Survive

今日は日曜日であったが、夕刻から夜遅くまでスタディミーティング。期末プロジェクトの追い込みだ。おそらくこれがコロンビアでの最後のミーティングであったように思う。ここまで良く頑張ったなあ。

さて、実際に留学してくる前は、ビジネススクールで生き残ることができるか本当に心配だった。だって、今回渡米してくる前に外人さんと話したことが実質一回もなかったからだ。LA勤務経験がかえってその恐怖を倍増させていた。

渡米前から細かいことを色々と心配したけど、留学経験者から話を聞いて特に恐怖に感じていたものとしては、
①授業でのコールドコール(手を上げていないのに先生に指される)
②英語でのプレゼン
③チームで貢献できずにフリーライダーになる

この三つであった。

①に関しては、会社の先輩からこんな話を聞いていた。彼が、留学初日の会計の授業で、“バランスシート(貸借対照表)の一番左上の勘定は何だ”という初歩的な質問でコールドコールをくらうも、何を聞かれているのかさっぱり聞き取れない。“えくすきゅーずみー”と言うも、今度はその“Excuse me”の発音が悪すぎて、それすら先生に伝わらなかったという話だ。当時はその話が衝撃的に恐ろしかった。単純にそれまで人生であまり恥ずかしい思いをしたことがなかったからだろう。
では、結局僕はどうだったか。僕は、初っ端のオリエンテーションからその50倍くらいの屈辱的な思いを経験し、そして、コールドコールをくらって多少恥をかいても人間は死なないことを理解した。そして、いくら恥をかいても学校は卒業できる。

②は、①以上に恐怖であった。何十人もの外人さんが観ている前でプレゼンをする。考えただけでも恐ろしかった。日本語ですら20人以上の前でプレゼンしたことがない。しかし、入学してしばらくすると、プレゼンは試験より楽であることに気がついた。だって勉強しなくて良い。そして、①と同じく、プレゼンが超ヘタでも人間死なない。また、プレゼンが超ヘタでも卒業はできる。

ちなみに①・②は今でもかなり恐ろしい。でもちょっと慣れた。

最後に③。最初のオリエンテーションでEthicsをテーマとしたペイパーの課題があった。チームミーティングをしたが、メンバーが話している内容が全く理解できない。僕は2時間半に亘り、薄笑いを浮かべつつ、心で号泣しつつ、ただただ座っていた。僕があまりに黙りこくっているので、30分に一度くらい、メンバーが気を使って僕にも話を振ってくれるが、“Yes”,“No”,“I am fine”、この三語しか発することができなかった。僕はもうダメだ、そう思っていた。多分チームメンバーも、“この日本人は使えない”、そう思っていたはずだ。
しかし、オリエンテーションが終わるとメンバーのテンションが落ち始める。そうすると、そもそも日本人の真面目さレベルは世界で群を抜いている。会計・統計・ファイナンス等の数字系の宿題を普通に準備していけば、簡単に貢献できるのだ。そして今では“Machine”の称号を得るに至った。

ということで、何が言いたいかと言うと、僕みたいに英語を全く話すことができない日本人が、英語にはキビシイと言われるコロンビアビジネススクールにおいてでも、大きな問題に直面することなく(小さい問題は沢山あったけど)、Surviveできたのだ。


ということで、僕みたいな心配性な性格で、これから留学を目指す人、留学する人へ。

-入学さえすればどうにかなる。あまり細かい点を心配しすぎる必要無し。

-日本人とは助け合え。留学すると日本人同士でつるむのがよくないような気がするが、そんなことを気にしているのは日本人のみ。堂々と日本人コミュニティに頼れば良いのだ。あと、“日本人コミュニティに頼る=アメリカ人コミュニティに入り込めない”はウソだと思う。この二つは全く別物である。

-友達同士で恥自慢をし合え。コールドコールで撃沈した回数、プレゼンで大失敗した回数、それはすべて身になっている。
[PR]

by yuzukenzo | 2010-04-19 12:51 | コロンビアビジネススクール  

<< iPad 昨日の出来事 >>