リオデジャネイロ

リオデジャネイロにやって来た。サッカーのワールドカップ、オリンピックの開催を控えて、世界で最も注目されている都市の一つだろう。しかし、実は今回ブラジルに来るまでサンパウロとリオの違いを理解しておらず、サンバ大会の場所という印象しかなかった。

サンパウロよりも治安が悪いと聞いていたため、スラム街が広がっている町を想像していたのだが、ここはハワイであった。ハワイ行ったことないけど。巨大な砂浜沿いに豪華ホテルがずらりと並ぶ。最高気温は35度以上、日差しが鋭い。砂浜ではビーチサッカー、サッカーバレー(足バレー)に興じるゴツイ青年たち。しかも、みんなやたら上手い。

しかし、パーフェクトな晴天の下、企業訪問をするのは少しつらい。なので、サンパウロでの企業訪問と比較すると、参加者も企業側もやや熱意にかけるものとなった。でも、これがリオなのだ。こんなところで真面目にビジネスの話をしようとする方がおかしいのだ。

夜は当然シュラスコ。ブラジルに来たならばシュラスコを食べるべしという固い信念のもと、同級生たちが寿司やシーフード料理という邪道な道に逸れていくのを横目で見つつ、滞在中6度目のシュラスコでブラジル焼肉に舌鼓を打ったのであった。

なお、僕は今回リオに訪れて空があまりに青いのを見ているうちに、これまで15年程度吸い続けていたタバコが急に不要に感じられた。ということで、きっぱりとタバコを吸うという習慣を止めることにした。全く辛くないため、これは禁煙とは呼ばないであろう。不要煙である。

さてさて、今日で会社訪問がすべて終わった。やはり実際にブラジルに来て、そのエネルギーを直接肌身に感じ、現地の話を聞くと、今後のブラジルの成長は間違いないように思われる。これは半端じゃなくすごい国だ。

明日はリオの最大の観光名所である山のてっぺんの巨大キリスト像を見物し、サンパウロに戻る予定。旅の終わりが近づいてきた。
[PR]

by yuzukenzo | 2010-03-13 11:42 | 旅行  

<< NY帰還 サンパウロ5日目・最終日 >>